消費者金融の時効援用の条件について

消費者金融審査甘いから借りたお金が時効になる、つまり、返済の義務が消滅するためにはどういった条件が必要になるのでしょうか。まず、必要不可欠といえるのが未返済の期間です。消費者金融の債務の場合は最低5年ということになります。起点はどこからになるのかというと、基本的には遅延が始まってからということになります。もし、一回一円でも返済した場合はそこでリセットされます。重要なのは遅延から5年が過ぎても同様だということです。たとえば、最後の返済から10年が経過していたとしても、その時点で消費者金融に返済をすればリセットされ、返済の義務はそのままということになるのです。
なぜ5年経っても時効にならないのかというと、援用が必要になるからです。最後の返済から5年以上経過し、このまま時効にしたいと思ったら、債務者は債権者に対して申し出をしなくてはいけないのです。その時点で成立します。申し出の仕方はなんでも構わないのですが、第三者に証明してもらうために内容証明郵便を使うケースが多いです。
ただ、注意しなければならないのは、5年以上返しておらず、援用を行ったにもかかわらず、時効にならないケースもあるということです。それは、債権者に裁判を起こされている場合です。訴えられたにもかかわらず出廷しない場合、原告勝訴という形で裁判は終了しますが、返済を求める裁判の場合はその後、債務名義が原告、つまり債権者に与えられます。するとそこでリセットされてしまうのです。